空き家を更地にするにはいくらかかる?相場費用やメリットまとめ

   

空き家を更地にする

空き家を更地にする際の相場費用(30坪)

木造・・・60万円~90万円

鉄骨造・・・90万円~120万円

鉄筋コンクリート造・・・120万円~150万円

【Pick up!】 ≫空き家を更地にする事も管理もケアフルは直接請け負うから格安!
リフォーム店が行う空き家管理サービスだから、活用や更地にするにしても、そのままにするにしてもケアフルが直接行えます。

≫空き家を解体して更地にする2つのメリット

≫空き家を更地にする際に適した時期は?

使う予定の無い空き家は更地にするのも一つの手段です

空き家にしておくと、急激に建物の老朽化が進んでしまいます。

空き家の殆どが木造ですので、締め切った状態の湿気の多さに建物が腐食してしまい一気に老朽化が進んでしまいます。

長い間空き家にする予定なのであれば、空き家の管理を行うか何かに活用する事がおすすめです。

参考記事:空き家を上手に活用したい!空き家をビジネスにする3つの活用術

そんな空き家に対する決断の1つに、建物を解体し更地にするという方法があります。

空き家を解体して更地にする事を大きなメリットは、これらが挙げられます。

空き家を解体して更地にする2つのメリット

更地にするメリット

空き家の管理が面倒では無くなる

空き家の管理から解放される事は、1番のメリットです。

空き家をそのままにしておくと、建物の老朽化もそうですが雑草など外構が酷い状態になってしまいご近所にもご迷惑を掛けてしまう事があります。

建物の老朽化が進んでしまうと、特定空き家に指定される事があり固定資産税が6倍にも跳ね上がってしまう事があります。

長期間空き家になってしまう恐れがある場合は、建物を解体にして更地にする事をオススメします。

売却の場合は更地の方が売れる

新しい建物が残っている場合は優遇されますが、築30年以上の建物が残っている不動産は買い手に優遇されません。

買い手が解体時の費用などを計算し、購入しようとは思わなくなってしまいます。

売却を考えているのでしたら、更地にして売却を掛けた方が売れやすい傾向があります。

空き家を更地にする際に適した時期は?

建物解体に適した時期は365日いつでも良いのですが、しいていえば6月ごろの梅雨時期です。

その理由は、梅雨で湿気が多いので解体時の粉じんが上がりにくいからです。

解体の際はご近所にご迷惑を掛けてしまうので、極力ご迷惑がかからない時期を見計らって行うようにしましょう。

晴れて天気が良い時は、オススメ出来ません。

もう放置した空き家を売る可能性も無く、建物は古くなれば古くなる程、厄介なものとなってしまいます。

管理も大変ですし、ご近所にも大きな迷惑を掛けてしまいます。

いつまでも空き家を放置しておくのではなく、1度しっかり検討をして空き家を今後どうするのかを決定しましょう。

ケアフルの空き家管理

ケアフルリフォームが運営している空き家管理サービスなので、更地にする事はもちろん、その他の活用や取りあえずそのままにして置く時の管理も全て当社にお任せ頂けます。

『家のプロ』が行うサービスなので、あなたの大事な資産価値を下げない様に丁寧に管理を行います。

無料お見積りダイヤル

>>問合せフォームからのお問合せ・お見積りはこちら

 - 空き家を活用するポイント , ,