空き家の空き巣被害に注意!効果的な防犯対策を行うポイント

   

空き家の空き巣被害

住んでいた方が高齢者施設に入居する事等で空き家になってしまうケースが急増しており、ここ何十年間には無い空き家の数となっております。

基本的にはご家族の方達が管理などを行って行く事が多いと思いますが、年がら年中空き家に張り付いている訳にもいきません。

空き家が空き巣に狙われやすい理由は・・・

そんな時に注意して欲しいのが『空き家を狙った空き巣』です。

ずっと電気がついていなく人の出入りが見受けられない建物は、空き巣の思うつぼとなってしまいます。

「うちは大丈夫」と思っていても、空き家を完全に守る事は中々難しい問題です。

ケアフルの空き家管理は住宅のプロ目線での空き巣対策を実施

専門家目線の空き巣対策

千葉県の空き家オーナーさんが安心して家を空ける事ができる、防犯対策のご提案もケアフルでは行っています。

・転勤などで家を空けている間の泥棒が心配
・家に人が居ないので大事な家具などが盗まれないか不安
・以前空き家で空き巣被害に会った事がある

こう言うお悩みをお持ちの方は、住宅のプロであるリフォーム会社が運営している『ケアフルの空き家管理』までいつでもご相談下さい。

一般的な防犯対策はもちろん、セコム提携店ですので、セキュリティレベルを高めたい方でも最適な空き家の泥棒対策をご提供致します。
無料お見積りダイヤル

>>問合せフォームからのお問合せ・お見積りはこちら

効果はあるの?一般的に用いられている3つの空き巣対策

空き家対策の効果

ではどの様な空き家の空き巣対策をみなさんされているのでしょうか?よく用いられる3つの対策と効果についてまとめてみるとこの様になります。

・窓に面格子が付いている

面格子が的についていると、空き巣が入ってこようなんて思わないって思う方が多くいらっしゃるようです。

しかし、ビスを取り外せば簡単に面格子を取り除く事が出来、空き巣は簡単に窓から侵入します。

・網ガラスだから侵入しにくい?

防火地域で網ガラスが入っている空き巣は、網ガラスの防犯力で空き巣にマークされないと思っている方が多いようです。

しかし、網ガラスは防犯ではなく防火の為のガラスですので、慣れた空き巣犯の手にかかれば透明ガラスと同様にすぐに割って侵入します。

・2重ガラスだから大丈夫?

2重ガラスつまりペアガラスなので、2枚割って入る事まで空き巣犯は考えないと思われるかもしれませんが、いとも簡単に2枚割って侵入します。

この様な建物設備でも、すぐに空き巣被害にあってしまいます。まずは、空き巣犯が入りにくい防犯設備にしましょう。

加えて行って欲しい簡単な空き家の防犯対策

空き巣が嫌がるポイント

空き巣犯が嫌がる防犯設備は、これらが挙げられます。

・サッシ用補助鍵

サッシ用の補助鍵は、サッシに取り付ける強力な防犯テープ状のアイテムです。サッシの鍵を破壊しても、補助鍵の影響で開けにくくする事が可能です。

・防犯フィルム

硝子に防犯フィルムを貼ると、ガラスの強度が増すのでガラスを割っても破れにくくさせる事が出来ます。

・振動アラーム

窓に取り付ける事で、窓に振動が生じるとアラームが鳴るアイテムです。音にビックリして、空き巣犯が逃げていきます。

空き家の空き巣被害は、周りのお宅にも良くない影響を与えてしまいます。

そうならないよう、防犯対策をきちんとして空き巣の思うつぼにならない建物にしましょう。

ケアフルでは、住宅リフォームを常に手掛けている会社なので、そう言った空き家の防犯ノウハウを空き家管理のお客様に常に提案・提供しております。

気になる方は、いつでもお気兼ねなくご相談下さいね。

 - 空き家のセキュリティについて