空き家の苦情対策してますか?手入れしないと問題になる事も!

   

空き家への苦情

ここ数年の間で空き家に対する苦情は物凄く増え、今では社会問題にまで発展してきています。

また、時には近隣からの苦情により各方面から指導が入ってしまう事もある問題です。

どういった事が原因で空き家で苦情が発生してしまうの?

そういった問題視されている建物の殆どは、築30年以上の放置空き家です。

どういった理由で苦情が発生してしまうのか?それは主に下記の事が理由として挙げられます。

  • 見た目の悪さ
  • 害獣や害虫の発生
  • 不審者の侵入や放火などの治安の悪化
  • 倒壊の危険

など、挙げるとキリがありません。

空き家に苦情が発生しない為の対策はどうすればいい?

クレーム対応

放置空き家のオーナーさんは、放置空き家の家の近くに住んでいない事が多いので、頻繁に確認やメンテナンスが出来ないのが現状です。

その為、空き家に起きている問題の発覚に遅れてしまい、どんどん空き家に起きている問題が深刻化してしまいます。

ご近所に苦情を発生させない為には、定期的に空き家を訪問し管理を行う事が鉄則となります。

草刈り等外構の管理をはじめ、建物内部の空気の入れ替えやお掃除など、少し手を掛けてあげるだけで建物の老朽化を妨げる事が重要です。

頻繁に出入りしている建物だと解ると、空き巣も近づきませんので治安的にも良くなります。

苦情を生まない為には「建物の老朽化を防ごう」

可能で有れば、空き家は賃貸などに出すのが理想的です。「誰か住んでいる家」で有れば防犯上も良く、家が生きるので老朽化の速度もグッと遅くなります。

逆に誰も建物を使用していないと急激に劣化してしまい、見るも無残な状態になってしまいます。

ご近所の皆さんも、建物に人が入れば違和感が無くなるので苦情も無くなります。持ち主にも家賃や収入が入ってくるので、色んな面で良い方向に向かいます。

建物の老朽化とクレームを防ぐ『空き家管理サービス』

ケアフルの空き家管理

空き家を賃貸に出しても借り手がつかない、また遠方に住んでいたりなどで充分に管理出来ない。

放置をしていると近隣住民から苦情が出るのではないか?

そう言う「クレーム発生予備軍」の空き家をお持ちの方は、ケアフルの空き家管理サービスを利用する事で、建物老朽化とご近所の方の苦情を最小限に抑える事が可能です。

中途半端な知識を持つ業者では無く、住宅の専門家「リフォーム会社」が運営している空き家管理サービスです。

格安で誰かに空き家管理を任せたいという方は、ケアフルまでいつでもご相談頂いて
空き家の苦情や資産価値の低下の不安から解放されて下さいね。

無料お見積りダイヤル

>>問合せフォームからのお問合せ・お見積りはこちら

 - 空き家で発生するトラブル , ,